ビルメン潜入たいちょおおおおお!!!!!
自他共に認める草食形男子が、大学中退後のニート生活脱却に挑みます。

シュン

  • Author:シュン
  • 自己紹介は一番初めの記事にあります。
  • RSS

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse













[(本)底辺仕事で鍛える]

皆さんご存知のとおり、

この仕事にはほとんど大変なことはありません。

実際おじさんたちもたくさんこの仕事をしていることからも分かります。

いや、むしろ中年の方の方が多いかもしれません。例外をのぞけば駆け足になることもほとんどありませんし。


しかし!


人によってキツいと感じることが一つあるんです。


それは、「自分は社会の底辺で仕事をしているんだ」 という感覚です。。


隊長はこの感覚を乗り越えることが超人への第一歩になると確信していますが、

でも、はっきり言って、そんなこと履歴書を送る時点でもう分かっているはずなんですが、いざ働き始めると、やっぱり辛いんです。

特に現場が「銀行」とか「都庁」とか「日銀」とか「区役所」とかのいわゆる 「勝ち組」 現場の時は、職員たちの地位と給与を自分のそれと比べてしまってかなりみじめな気持ちになります。(更にはみじめに感じている自分にみじめになり。。)

彼らはもちろんこっちのことなんかぜんぜん眼中に無いんですが、隊長たちは、常に心のなかでネガティブな自分と戦っているわけです。

若くしてこの仕事をしてみようと思った場合には、(血迷った場合には)、なぜこの仕事をするのか、自分なりに納得しておくべきです。
一時的なバイトとして、経験として(隊長はこれできめました)、社会復帰の足がかりとして、友達作りとして、、などなど。これがないと続きません。

ちなみに隊長は、いつも心の中で、自分にこう言い聞かせています。。。


「底辺社会で生きる人々の苦しみを経験した者だけが、偉大なリーダーになり得る」
by ピーター・ドラッカー
 


ピーター・ドラッカーは嘘ですが

本気でそんなこと考えているあまりにイタい隊長なのでした

【2011/05/29 20:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | [TOP]
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>
コメント
給料は最低賃金レベルだし、技術力アップも夢もない、若い人にはお勧めできない仕事ですが、責任も仕事内容も人間関係も比較的気楽な仕事でけっこう気にいってます。気に食わなかったら、その施設を潰すこともできますし(冗談)。
【2011/06/12 07:45】 URL | 儀間 #- [ 編集] | [ TOP]
人間関係が良いのは僕もいつも感じています。
どのビルメンの会社でもなんかみんなすごい仲良しなんですよね笑
こんな楽しく仕事できる業界ってホントに少ないと思うんで有難く思っています。
【2011/06/14 19:52】 URL | シュン #- [ 編集] | [ TOP]
ブログ管理人への秘密コメントです
【2012/06/02 07:58】 | # [ 編集] | [ TOP]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

[TOP]
トラックバック
トラックバックURL
http://pioventure.dtiblog.com/tb.php/20-1d57df17
[TOP]
前ページ | ホーム |